HSP(繊細で敏感な人)が持つ繊細さや
豊かな感受性をデザインして価値にする

ブログ

2020.04.13 

ブログ

世界一受けたい授業でHSPが特集されましたね!

世界一受けたい授業HSP

目次

Sexy Zoneの中島健人さんもHSP!?

先日、日テレさんの「世界一受けたい授業」で、
HSPの特集が放映されました。

講師はHSP専門カウンセラーの武田先生です。

短い時間でしたが、とても分かりやすくまとめられていて、
HSPってそういうことなんだって理解してもらえる良い機会になったと思います。

どんな内容だったのか?
簡単にですが振り返ってみたいと思います。

HSPは人より不安や恐怖を感じやすい

不安感

まず初めに、HSPは病気や障がいではなく、先天的な気質だという説明がありました。

そして人より不安や恐怖を感じやすいということを、
脳の構造、神経回路の仕組みから解説してくださいました。

・偏桃体の働きが人一倍強い

そして、日常生活をおくるうえで、こんな生きづらさがあると。

❶大勢の人が苦手

❷人の気分に左右されてしまう

❸人見知りで馴染むのに時間がかかる

❹周りの音が気になる

僕はすべて当てはまるのですが・・・(^^;

各々についての対処法も教えてくれていたので
簡単に記しておきます。


❶飲み会など大勢の人がいる場所が苦手

⇒ 聞き役に徹する


❷人の気分に左右されてしまう

⇒ ティッシュボックスなどで相手とのあいだに境界線を引く


❸人見知りで馴染むのに時間がかかる

⇒ ⑴まず自分は人見知りだということを伝え、⑵質問してもらうように伝える

…とTVでは解説されていましたが、
企業研修でコミュニケーションを教えている私としては、
これではうまくいかないと思いますので補足をさせていただきますね。


まず自己紹介で、自身が人見知りなんだと自己開示するのはOKです。
だからそっちから質問してねというのはなんだか傲慢だと思いませんか?

言葉を変えると、自分は変わる気もないし努力する気もないから、
そっちから声をかける努力をしてくださいね!と最初の挨拶でしちゃっているようなもの。


・・・印象悪いですよね。(^^;

じゃあ、どうするか?


⑴自己開示する(人見知りです)

⑵相手に興味をもって質問する

です。

これが出来れば、話すのは相手なので自分が話す必要はありません。

そして、

人は自分に興味を持ってくれた人に対して好印象を持ちますので、
返報性の原理として、そのあとはあなたに興味をもってもらえます。
だから結果的に、質問してもらえるのです。

この違い、分かりますか?


⑴自己開示する(人見知り)

⑵相手に興味をもって質問する

⑶そのあと聞かれたらそれに答える

これで、初めての職場などの人間関係づくりに悩む必要はなくなります。

※人間関係に悩みを抱えている人の多くが、他人に興味を持っていないことが多いです。


❹カフェなどで周りの音が気になる

⇒ イヤホンをつける

その他、武田先生の書籍にて、
様々な対処法が載っていますので下記にリンクを貼っておきますね。

HSPの4つの特質

世界一受けたい授業HSP

HSP(ハイリ―・センシティブ・パーソン)の提唱者、エレイン・N・アーロン博士いわく、
画像にある4つの性質のすべてに当てはまらなければHSPではないと言っています。

①深く考える

②過剰に刺激を受けやすい

③共感力が高く感情の反応が強い

④ささいな刺激を察知する


人より繊細で敏感なHSPさんは、それによって生きづらさを抱えていたり、
うつ病や自律神経障害など2次障害に苦しんでいる人も少なくありません。

でも、上記にあるような対処をすることでその生きづらさは軽減し、
想像力や共感力などを活かして活躍する人生を選べることもお伝えしたいと思います。



いまHSPさんは、新型コロナの影響を人より過剰に反応し、
不安感に飲み込まれそうになっているかもしれません。

僕のところにも感情的なご相談や仕事(お金の不安)のご相談が増えてきています。
まずはその不安感や思っていることを吐き出す場を持ってほしいと思います。

経済的に余裕がない方はメール・コーチングをお勧めしています。
メールと言っても、とても落ち着いて過ごすことができるようになった方や、
毎回返信を楽しみに過ごしている自分がいるなど前向きな感想をいただいています。

また、この非常時なので特別価格のお試しセッションを随時募集しています。
オンライン(ZOOMやLINE電話など)のみの受付けですが、そちらもご利用ください。

心さえ折れなければ、逆境は自身を磨く絶好のチャンスで、乗り越える方法は百万通り見つかるはずです。
どうか、メンタルケアを大切に心掛けてください!

SHARE
シェアする