HSP(繊細で敏感な人)が持つ繊細さや
豊かな感受性をデザインして価値にする

ブログ

2020.04.03 

ブログ

人生が180度変わるエクストリームな自己変革法

今回はちょっと変わった能力開発のヒントになる1冊をご紹介します。

シリコンバレー流 科学的に自分を変える方法

ZONE 

自己変革

≪Amazonはこちら≫

 

ZONEに入ると・・・

創造力が200%、学習する力が490%、生産性が500%アップする!?

 

スポーツ経験者は、この「ZONE」に入った感覚を知っている人が多いかもしれません。

でもこれを意図的に、狙って入る方法は誰も知らなかったのです。

 

この本を読むまでの僕の知識では、

こういう状態をつくり出せると、脳科学的に一番良いパフォーマンスを発揮できるよ!

というものだけは知っていました。

 

・適度な自信(強気)

・適度な集中(緊張感)

・楽しめている状態(ワクワク)

 

このメンタル状態をつくるために、

身体や意識の使い方、呼吸法などを教えていました。

 

では・・・

才能開花

創造力が200%

学習する力が490%

生産性は500%アップする!

 

そのZONEを「エクスタシス」と呼ぶそうです。

分かりやすく言うと「覚醒」ですかね・・・

 

そこに至る4つのアプローチ法を解説してくれているのが本書です。

超かんたんに説明しちゃうと・・・

①心理学・・・コーチング、自己啓発、性行動

②神経生物学・・・表情、パワーポーズ、声、身体

③薬理学・・・麻薬を使って恍惚状態をつくり出す

④テクノロジー・・・音響、光り、ウェアラブルセンサー

 

 

そしてそれらは3つのカテゴリーで説明できると。

①フロー・グループフローを含むゾーンに入っている意識状態

②瞑想的・神秘的な意識状態

③サイケデリックな意識状態

 

①は、上記で説明した状況により入ることができるゾーンです。

例としてネイビー・シールズのことと、

バーニング・マンのことが書かれていたかな・・。

 

 

②は、僕も最近注目していた「瞑想」です。

アメリカ企業(グーグルをはじめ有名企業も)の44%が、

マインドフルネス・トレーニングを導入しているのだとか。

また、音楽、踊り、恍惚とした一体感などもこのゾーンに入れるそうです。

 

 

③のサイケデリックは薬理学という研究結果で教えてくれています。

この話が興味深い!!

閃き

これは誤解して欲しくないのですが・・・

生物はハイになって進化してきたというのです!!

・イルカはフグの毒を吸ってハイになる

・犬はヒキガエルを舐めてハイになる

・馬はロコ草、羊はマジックマッシュルーム、鳥は大麻の種をついばむ。

 

じゃあ、人間は??

 

ここに違法薬物のことを詳しく書くつもりはありませんが、

スティーブ・ジョブスは、LSDの体験は人生で最も重要な経験の1つだと言っていますよね。

 

そして大麻はいま、アメリカでは大きな合法ビジネスに成長しているそうです。

2020年の見込みは220億ドルですって!

(この意味を知っておいたほうがいい)

能力開発

なぜ、世界の最先端をいくシリコンバレーの企業が、

この「エクスタシス」という領域に入ることを目指すのか?

 

創造力が200%

学習する力が490%

生産性は500%アップする!

 

なのだからですが、ゾーンに入ると・・・

 

・セルフレスネス(自己からの解放)

・タイムレスネス(時間からの解放)

・エフォートレスネス(楽々と)

・リッチネス(豊かさ)

 

が得られるとのこと。

この時に、自分を超えたひらめきが手に入ると。

 

なぜ、アーティストや俳優が麻薬に手を出してしまうのか?

なんだか心の弱さだけが理由ではないことが伝わってきますよね。|д゚)

 

 

さて、

 

では私たちは合法かつ健康的にそのエクスタシスに入るためにできることは・・・

それは、本書を読んでご自身で決めていただきたいですが、

 

僕がコーチとして支援できるのは、

上に挙げた状態に近づけるであろう思考や身体の使い方、習慣づくりかなと思います。

 

そして、ひらめきは「問い」によって生まれます。

質の高い「問い」を持ちながら、目の前のことに集中することで、

ゾーンに入った瞬間にその答えが手に入ります。

その「問い」をブラッシュアップできるのもコーチングなのです。

 

アフターコロナを楽しく生き抜いていくためにも、

いまの自分を超越した「スーパー自分」を目指しましょう。

あなたからのご連絡をお待ちしております!

≪パーソナル・コーチングのお問い合わせ≫

≪Amazonはこちら≫
SHARE
シェアする