HSP(繊細で敏感な人)が持つ繊細さや
豊かな感受性をデザインして価値にする

ブログ

2020.03.17 

ブログ

なぜ、老人はトイレットペーパーを買い溜めするのか?

新型コロナウィルスの影響で、僕のクライアントさんの中にも

「在宅ワーク」になったという方もいらっしゃいます。

 

また、様々なイベントの中止による売り上げの激減で、

とても厳しい状況にある企業や個人事業主さんもいらっしゃると思います。

 

そして、

TVをつければ新型コロナに関するニュース・・・

いつ日本も非常事態宣言が発令されるか不安でしょうがない。

 

そんな不安な日々が、気づけば1ヶ月になろうとしています。

このままだとメンタル的にもヤバいなぁっていう人も増えているのは?

 

毎朝、薬局に並びトイレットペーパーを購入するご老人がいると、

あちこちで耳にします。(-_-;)

コロナショック

すでに家の中はトイレットペーパーで溢れているらしいです。

それでも毎朝並んでいるのだそうです。

 

本当に買いたい人に行き渡らせたいからどうやってご遠慮いただくか、

ドラッグストアの店員さんも頭を抱えているとか・・・。

 

これ、心理学的は「安心」を購入しているという見方ができます。

「平和な日常」を象徴するのがトイレットペーパーなのです。

不安感

きっとこのご老人たちは孤独な人がほとんどでしょう。(是非、答え合わせしてみたい)

だからこのご老人たちの買い溜めを止めさせるためには、

「安心」を提供してあげるしかありません。

 

それは、

平和だったあの頃と同じように山積みされた日常に戻ったことを実感するか、

人間関係によって、その潜在的な不安(孤独)を癒やすことができるか・・・。

(電車などで急に怒り出す老人なども、心の中は孤独感で震えているのです)

 

メンタリストDaiGoさんがこの件について詳細に解説してくれていました!

≪トイレットペーパーが無くなる本当の理由≫

 

お試しセッション

 

さて、

ご老人じゃなくても1人暮らしの方はとくに、

潜在的な不安が膨らんできているかもしれません。

 

そういう時はまともな判断ができませんので、

コーチやカウンセラーを利用して、ご自身の状態と社会の現状を

落ち着いて「観る」時間を確保してほしいと思います。

【メールコーチングについてはこちら】

 

これからしばらくは、世界的に厳しい状況が続くと予想されますが、

マインドだけは強く、そして面白がりながらこの逆境を乗り越えていきましょう!

・・・僕もがんばります。(^^)

【メールでのお問い合わせはこちら】
SHARE
シェアする