HSP(繊細で敏感な人)が持つ繊細さや
豊かな感受性をデザインして価値にする

ブログ

2020.03.08 

ブログ

こんな私でも変われるのでしょうか?

学習の4段階レベル

目次

自分を変える4つの段階

学習の4段階レベル

自分を形成する50%は遺伝、残りの50%は育った環境による影響という文献がありました。
50%は、自分にどんな影響を与えるかで、能力だけでなく人格さえも変えられるということです。
僕はそれを信じて、コーチとして伴走させていただいております。


さて、「学習の4段階レベル」をご存知でしょうか?

①無意識的無能(知らないから出来ない)

②意識的無能(知っているけど出来ない)

③意識的無能(意識すれば出来る)

④無意識的無能(意識しなくても出来る)


例えば自転車に乗ることをイメージしてくださると分かりやすいと思います。


①「ほぇ?自転車ってなに?美味しいの?」

②「わぁ凄い!僕も乗ってみたい!」
 「わわ…怖い・・・怖いよ」

 「・・・コケッ!イタタタ・・・」
 「なかなかうまくいかないなぁ」

 「ゆっくりね・・・ゆっくりだよ」
 「・・・コケッ!もうちょっとだったのに」

③「あぁぁぁ!!!乗れた!!乗れたよママ!」
 「わわわわわ…止まれない・・・」

④「今日もみんなと遊べて楽しかったなぁ」
 「ルンルン♪今日の晩ご飯何かなぁ?」
 「スイスイ~♪」

こんな感じです。(^^)

ではこの学習の4段階レベルを使って、どのように自己変革に励んでいただくか?
説明させていただきますね。

自分を変えるとは、まずは意識的な選択の質を変えるということ

学習の4段階

例えば相談者さんがネガティブな自分を変えたいと思っているとします。

ネガティブな自分を変えたい。その為にこんな感じでコーチングが始まります。


ここでも学習の4段階レベルが応用されます。

①ネガティブじゃない自分になりたいけどどうしたらいいか分からない(無意識的無能)

まず、ご自身の物事の捉え方(クセ)に気づいてもらうために、
対話の中でフィードバックをして気づいてもらいます。

②物事には色んな見方ができるということに気づいてもらう(意識的無能)

例:上司に叱られたので、自分はダメな人材だという思い込み
  コーチからのフィードバック⇒上司に叱られたということは見込みがあるからでは?
  本当に要らない人材なら叱る価値もないはず・・・

確かにそうかもしれない!でも叱られたときはやっぱり落ち込んでしまいます。

③ある出来事が起きたとき、意識的に意味を選んでみる(意識的有能)

「おいっ!またミスしてるじゃないか!」

(あっ、またやっちゃった・・・でも叱られるということは見込みがあることだから)
「すいません!すぐに修正します!」

④繰り返すことで思考のクセは新しく上書きされる(無意識的有能)

「おいっ!またミスしてるじゃないか!」

(やべぇ、マジで有り難い、こんなに大切にしてくれるって感謝しかない)
「いつも有難うございます!」

同僚:「お前、叱られてもなんか前向きだな…」

継続コーチングの効果

カウンセリング

僕は長いあいだ、自分に自信が持てずにいつも誰かと比較してネガティブな自分を好きになれずに生きづらさを抱えていました。

でも、反応的な自分(無意識)はすぐには変えられないけど、そのあとの選択(意識)は自分で選べることを発見しました。

例えば僕だって上司に叱られた瞬間の感情は「ネガティブ」に反応します。
それは誰だって叱られるより褒められたい。

でもそれでふて腐れたり落ち込んでいても、何も良いことないし、もし自分が上司の側だとしたら、叱って良かったと思われる態度を取りたいと思ったのです。

自分の感情も前向きになり、叱ってくれた人にも良い印象を与える態度ってどんなだろう?
どんな捉え方ができると前向きな気持ちになれるだろう?

その答えが、『見込みがあるから叱られる』だったのです。


ここにポイントがあります。

「どんな捉え方ができると前向きな気持ちになれるだろう?」

この質問が、自分を変えることに繋がるのです!

【まとめ】

僕たちには出来事をコントロールすることは出来ません。

今回の新型コロナウィルスの蔓延もそうです。

でも、それをどう捉えどんな行動を起こすかは意識的に選べるのです。

そしてそれは繰り返すことでやがて無意識レベルに浸透し、それが「自分自身」となるのです。

【まとめ】

・コーチをつけることで、環境による影響を強制的に変えることで人は変われる。
・それは学習の4段階に沿って行われる
・コーチからのフィードバックによって自分の無意識を意識化する
・自分が望む思考になるべく「質問」を手に入れる
・その質問を自分にする訓練を続ける(継続セッション)
・セルフコーチングする(習慣化を目指す)


僕は今となっては、どうしてあんなに自分に自信がない、なんでこんなにネガティブなんだって苦しんでいたのかよく分かりません。(新たに上書きされてしまったから)

おかげで余計なストレス(生きづらさ)は軽減され、その他大勢とは違うものの見方ができるのでより良い仕事ができたりビジネスチャンスを見つけられたりしています。

ここまでお読みくださったあなたが、もしご自身を変えたい!と思っているのなら、継続コーチングを受けることをお勧めします。

※まずはお試しセッションを受けてみてください。
(お問い合わせフォームからお申し込みください)

SHARE
シェアする