HSP(繊細で敏感な人)が持つ繊細さや
豊かな感受性をデザインして価値にする

ブログ

2020.02.05 

ブログ

カウンセリングではなくてコーチング?

読書

目次

カウンセラーではなくコーチを名乗る理由

読書

HSP(とても繊細で敏感な人)の研究を始めて約6ヶ月・・・

HSP関連の書籍も20冊近く読んだと思います。

そのほとんどが「あるある」で、HSPの特徴が書かれているので「共感」が得られ、
自分は欠陥品なのではなかったのだという「安堵」を手に入れられました。

でも、

それでどうしたらいいか?

については、あまりしっくりくるものがない。

まぁ、HSPと言ってもその強度や特徴は人それぞれだし、
その後どうしたいかも人それぞれなので正解はないのですが・・・

僕がHSP専門カウンセラーではなくメンタルコーチを名乗っているのは、
生きづらさを抱えながらも一般的な生活は出来ていて、「本当はこんなもんじゃない!」「もっと私は自分らしく社会に貢献できるはず!」って感じている人の才能開花をお手伝いしたいからなのです。

自分を信じられなくなる

HSP関連本

HSPさんはちょっとした違和感や不完全さにすぐ気づきます。

それを指摘すると「そんなのどうでもいいじゃん」って言われたり、
「そんなこと気にする暇があったらコレをやれ」みたいに言われ、
組織で働くとうまくいかない人も少なくないと思います。

また、

自分は細部までこだわり、丁寧に仕事するのに、部下や上司がやる仕事は適当に見えてしまい、
それがどうしても許せなくてストレスになる方など・・・。


(アレ?わたしってなんか浮いてる?)
(俺って嫌われてる?)

(私ってなんか面倒くさいヤツなの?)
(なんか疲れやすいしイライラするし病気なの?)


そうやって気づいたら元気がなくなっていって・・・

空回りして疲れ果てて、出口を見失ったときに、メンタルコーチングの依頼をいただくのです。

ある意味、本当に困った状況に陥った人だけが依頼をくださるのは、
本気で人生を改善する「覚悟」が決まったときなのかもしれません。

メンタルを鍛えるのではない!

内向型を強みに

クライアントさんが僕に望むのは、メンタルを強くしてもっと社会で活躍したい!自分らしく生きたい!って感じが多いのですが、メンタル(感情)は勝手に反応してしまうものなのでコントロールはできません。

なので、

アプローチするのは「思考」のほうなのです。

思考のクセに気づくことも、手放すことも新しい思考をインストールするのも、
独りでは本当に難しいです。

まず気づく(自覚)ことすらできないと思います。

だから、

自分を理解する、または受容することに時間をかけるのが最初の段階です。

なぜ継続セッションなのか?

ハイリ―センシティブパーソン

自分が持っていないコーチからの「問い」を自身にぶつけることで、
初めて自分を俯瞰して眺めることができるようになります。

また、

コーチのリフレーミングによって、自己認知が変わり自己受容が深まります。
僕はこれが自己肯定感の土台になると思っていて、とても大切にしています。



HSPの型のツイッターに、こんなツイートがありました。

気にしすぎ、優しすぎ、真に受けすぎ、考えすぎ、真面目すぎとか言われるけどその言葉の裏に、
「そんなんじゃ、世の中やっていけねーよ」っていうメッセージが見え隠れして傷ついちゃう。
その性質がそのまま自分自身なもんだから、人格を否定された感がハンパないんだよね。

それを見て僕は、こんなふうにコメントさせていただきました。

気配りができて、思いやりに溢れ、リスク回避と高い洞察力の持ち主で、とても真摯で信頼に値する人っていう翻訳で間違っていないでしょうか?

そしたらとても喜んでくださいました。(^^)

視点を変えて捉え方を変えるんです。
すると、感情も変わる♪


他者に対するネガティブな感情と被害者意識による沈んだメンタリティが、
一瞬で、オレってやっぱ捨てたもんじゃないっしょ♪っていう前向きな気持ちになる。

HSPの気質は才能です。HSPは選ばれし者です。

その自覚が出来たとき、生きづらさを軽減し才能を活かして楽しむ人生が始まるのです。

あなたの才能開花をお手伝いできる日を楽しみにしております。

【まとめ】

HSPの星になれ

①HSPと言っても人それぞれ違いがあり、本を読んでも「安堵」は得られるが
 解決や改善に至る答えまではなかなか得られない。

②非HSPさんには気づけないことに気づける能力は、ときに人間関係を悪化させる
 人は社会的動物だから、社会に馴染めないと自己肯定感が低くなり、気分障がいなどに陥りやすい。

③人は変わる覚悟が決まらない限り変われない

④直接メンタル(感情)をコントロールすることはできない。アプローチは「思考」のほうから。

⑤自己理解と自己受容が自己肯定感の土台になる

⑥視点を変えて捉え方を変えると感情も変わる。

⑦HSPは選ばれし者の才能である。

SHARE
シェアする